• ホーム
  • 口唇ヘルペスの症状を解説

口唇ヘルペスの症状を解説

白い錠剤と瓶

口唇ヘルペスの主な症状は、口周りに違和感があらわれから水ぶくれができて症状が進行します。
初感染時と再発時では症状が異なることもあり、再発時のほうが症状が軽いとされています。
病気が発症する前は口周りに違和感を覚えだします。
この違和感の原因は体内でヘルペスウイルスが増殖をはじめてる証拠です。
再発した場合は寝起きに違和感を覚えることが多く、かゆみや顔のほてりがでることもあります。
そして違和感を覚えてから、半日ほど経過すると患部が赤く腫れるだけではなく痛みをともないます。

発症して2~3日経過すると、赤く腫れた部分に水ぶくれがいくつかできます。
水ぶくれが破れるとウイルスを多量に含む内包物がでてくるので、液がついたまま目などにふれないようにしてください。
激しい痛みを伴うこともありとても辛いですが、できるだけふれたり潰さないよう心がけましょう。

発症して1~2週間ほど経過すると、水ぶくれがかさぶたになり乾燥して回復します。
乾燥することで、一旦症状は治まり痛みも消えます。
患部をしっかり清潔に保つことにより、自然治癒することもあります。
しかしながら、自然に治すことは皮膚にあとが残ってしまう場合があるかもしれないからです。
そうならないためにも、皮膚のダメージを最小限に食い止めるには、バルトレックスなどのヘルペス薬を使用することで早く完治させましょう。